家族・保育デザイン研究所

家族・保育デザイン研究所
子どもを信じて伸ばす 保育と家族のありかた

高森文庫は民家の一室を開放した図書室
地域の子どもや大人が気軽に立ち寄って
本に親しんだり、会話を楽しんだりできるところ

・木の看板とネコのからくり風車が目印。
・絵本、児童書、小説、石や宗教、縄文、ホスピス、栄養学、英語の本、約1000点を常設。
・季節やテーマによって入れ替える特設コーナー。
・冬はぽかぽか、夏は心地よい風が入る縁側席。
・基本お座敷ですが、椅子のご用意もあります。
・小さなお子様が遊べるおもちゃや、おひるね用のひざかけ、バスタオルあります。
・お茶・コーヒー、お湯も。セルフでご自由にお飲みください。持ち込み可。(ゴミはお持ち帰りくださいね)

こんなふうにお使いください

絵本の読み聞かせ
映画会
味噌づくり
展覧会

・静かに本を読みたい
・集いや室内サークル活動の場として
・講演会や音楽会などのイベント

これから企画していきたいこと

・おうちコンサート
・よみきかせの日
・みそづくり
・フリーマーケット
・お墓や終活相談会
・観音堂桜まつりタイアップイベント
・一日コーヒー店

ご利用案内

〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町境高森8205
館長在館日:毎週水曜日 午後1時~5時
  毎月第3水曜日午後4時半より よみきかせタイムがあります。

これ以外でもご予約いただければお使いいただけます。
(使用料無料/冬季は暖房代1回500円)

ご利用の注意

・私設の一軒家で、地域の方との交流を目的としていますので、お名前ご住所をご記入ください。
(コロナ対策も兼ねています)
・当面マスクの着用と入口での消毒にご協力ください。

館長はいとう石材の若おかみ・伊藤やよいです。
若おかみの父が移住して住んでいた家で、この家で父を看取りました。
父が生前「一人で住むにはもったいない。地域の皆様のお役に立つ施設にできれば」
と話していたこともあり、無料の図書室として開放することにしました。

高森文庫のあるこの家は、看取りの文化を実践する
「看取りステーション八ヶ岳・庵しんぬうら」の顔もあります。
看取り士2人が在住し、暮らしの中で看取りを考える活動を行っています。
死生観について語り合う座談会「看取りーと」や「看取り学講座」を開催。

高森文庫が、地域の皆様に愛され、
心が豊かになるような暮らしを共に歩めることを願っています。

看取り士:釈秀靜さん
看取り士:岡亜佐子さん
PAGE TOP