お墓と供養の相談室

Q.八ヶ岳に撒骨はできますか?
A.八ヶ岳ではできません。

 よく、ちまたのサイトや書籍に、撒骨は法務省見解で認められているから山に撒くことは可能である、といった記述が見られますが、これらは勉強不足による誤解、または都合の良い曲解です。

 まず、「撒骨」という行為そのものについては、法律にその規定はありません。当然撒骨にあたってのルールもありません。世間で言われているルールなるものは、撒骨業者などが自主的に決めたものです。

撒骨を法律から見た場合

 広く言われている法務省見解とは、当時のいち担当者の非公式見解です。そして「節度を持って葬法の一つとして行われる限り問題ではない」とされているその内容は、葬送、慰霊の気持ちをもって撒くのならば、捨てることとは違うから刑法上の遺骨の遺棄にはあたらない、という意味です。けっして、どこにでも撒いて良い、どんな撒き方でも良い、とは言っていません。あくまで、ちゃんとしていれば刑法上の問題はない、としただけで「撒骨は適法行為」として許可を出したわけではありません。厚労省(旧厚生省見解)は、粉状であっても墓地以外の場所に焼骨を埋葬してはならない、として認めていません。(墓地での撒骨は、周囲に迷惑が掛からない限り適法です。)

 しかし、撒骨推進者は表面に撒くのだから埋葬ではない、と屁理屈としか思えない主張をしています。とはいえ、骨を撒くことは想定外としながらも、それが問題を生じるような状況であるなら、お墓の法律「墓地埋葬法」の規制の対象になるとはっきり言っています。(当然墓地以外の場所も規制対象です。)なぜか上記法務省の見解は、まるで撒骨を認めているかのように紹介されますが、厚労省の見解はまったく紹介されていません。なんだか偏った情報で誤解させようとしているみたいですね。

 ということで、撒骨は法律にありませんから禁止されてはいません。けれど、禁止されていないということが、そのまま許可されていることにもなりません。現在、陸上で撒骨される方の多くは許可を受けた区域に撒いていますから違法ではありません。しかし、地権者や利害関係者の承諾なく勝手に山林等に立ち入って撒骨したケースでは、公衆衛生上や宗教感情的に告発を受けたり、地域住民に訴訟を起こされて賠償責任が発生する事案が増えています。

 山が好きだったからと八ヶ岳の登山道や沢などで撒くケースもあるそうですが、山中に入ってどこでも好きな場所から撒けるのか? と問われれば、答えはNOです。きちんとやり方を整えていない撒骨は違法性が高いとされています。例えば、八ヶ岳の山中で撒骨している方がいたとして、それを第三者が見た場合、行政の許可も得ずに国定公園内に何かを捨てているようにしか見えない、ということです。それをいくら葬送行為だ、と主張したとしても、誰の許可もなく勝手に行うことが節度と儀礼を伴っていると判断されるでしょうか?(実際に違法かどうかの判断は、それぞれの状況にかんがみ司法からくだされます。)

 また、市なり所有者なりに撒骨の許可を求めても承諾されることはないでしょう。だったらこっそりやればわからない、という方もいますが、隠れて行うような行為が節度を持った葬送行為とは見られないでしょうし、ないよりそんな不法投棄と同様の方法で供養だと言われて故人がよろこぶでしょうか? 撒いた方は胸をはって撒骨を選択したと言えるのでしょうか?

 つまり、撒骨とはそういう行いなのです。

 さらに問題なのは、山の下で生活する住民の感情がほとんど考慮されていないことです。また、日本人はことさら遺骨への執着が強い民族です。お骨を処分してしまったことを時が経ってから後悔する遺族が多いという話も聞きます。撒骨したけれど寂しくてやはり手を合わせるところがほしいと、お骨の入っていないお墓を建てることになったケースも少なくありません。

 撒骨を選ぶ理由は「自然に帰りたい」「お墓の跡継ぎがいない」というのが主です。現代社会はふるさとから離れて生活する人が多く、核家族や非婚などで墓を承継させることが難しいと考える人が増えています。子供や関係者に死後のことで負担をかけまいとする配慮は、一見遺族のためのようにも思えますが、人間が他の動物と違う点は死者を偲ぶ心です。「墓」はその最たる現れで、自分の家族をいかに大切に弔うかということが原点にあります。

 つまり、墓は残されたものにこそ必要なものなのです。

faq_2

 さまざまな選択肢があるのは良いことですから、撒骨を否定することはしません。きちんと理解した上で選択されて、配慮された方法をとられるなら、撒骨もすばらしい葬送法だと考えます。遺族の安寧、故人の供養をお手伝いするのが私たちの務めですから、多くの方に認められる撒骨方、死者の尊厳を守り、堂々と撒骨できる環境が早く確立されることを願っています。